オーガニックコットン=高品質と誤解していませんか?普通の綿との大きな違いは環境に対する負荷

オーガニックコットンは高品質というイメージを持っている人は多いと思います。

ですがそれは誤解です。

オーガニックコットンのメリットは、環境に負荷を与えないこと、生産者への被害を軽減することです。

この記事ではオーガニックコットンに対する誤解について解説します。

スポンサードリンク

オーガニックコットン=高品質というのは誤解

オーガニックコットンだから品質がいい、高品質というのは誤解です。

オーガニックコットンというのは、農薬や化学肥料を一切使わずに厳格な基準をクリアして認証されたコットンのことです。

普通のコットンに比べると手間がかかる分、コストがかかってしまうため、高い=高品質、品質がいい、と誤解されているようです。

また、オーガニックコットンは人体に有害な農薬や化学肥料を使っていないので、肌に優しそうというイメージから品質がいいと誤解されているようです。

オーガニックコットンと普通のコットンの違いは環境に対する負荷

では、オーガニックコットンが普通のコットンと比べて何が良いかというと、それは環境に対する負荷、つまり地球に優しい、ということです。

通常、植物の栽培には農薬や化学肥料を使います。

何も使わないと、雑草が土壌の栄養分を吸収して、うまくコットン(綿花)が育たなかったり、栄養不足により均一に育たないとった弊害があります。

できるだけ大量に手間をかけずに生産するには、農薬も化学肥料も必要不可欠です。

ただし、農薬や化学肥料を使う上でのデメリットもあります。

土壌はすべての化学物質を分解できるわけではありません。

農薬や化学肥料を使い続けると、分解できなかった有害物質が蓄積され、やがて植物の育たない土壌となってしまいます。

スポンサードリンク

その点、オーガニックコットンは農薬や化学肥料を使わないため、土壌も汚染されず、地球に優しいと言えます。

また、農薬や化学肥料を使わないことは、生産者にとってもメリットがあります。

農薬や化学肥料というのは、人体に影響がないように作られていますが、大量に使用したり、継続して使い続けると多少なりとも影響が出てしまいます。

そのようなことからもオーガニックコットンは地球だけでなく生産者にも優しいといえるでしょう。

オーガニックコットンと普通のコットンで肌触りが違う?

多くの人が誤解しているのが、オーガニックコットンは普通のコットンに比べて肌触りの良いと思っていることです。

日本オーガニックコットン協会によると

収穫されるコットンそのものには、オーガニック綿でも普通の綿でも変わりはありません。
普通に栽培された綿でも、残留農薬はとても少ないので、収穫されたものから科学的なテストなどでオーガニックかどうかを判別することは不可能です。

出典:オーガニックコットンとは - 日本オーガニックコットン協会

ということで、違いは何も無いそうです。

肌触りが良いというのは、農薬や化学肥料といった化学物質を使っていないので肌に良さそうといったイメージによるもので、実際には違いは肌触りによる差は無いということです。

【まとめ】オーガニックコットン=高品質ではないが、地球と生産者に優しい

いかがでしたか?

この記事では、オーガニックコットンは普通のコットンと比べて特別品質がいいわけでなないこと、地球に優しいことについて解説しました。

最後に重要なポイントを箇条書きで紹介しましょう。

・オーガニックコットンが高品質はイメージによるもの
・オーガニックコットンは地球に優しい
・オーガニックコットンと普通のコットンの肌触りによる違いは無い

オーガニックコットンは品質がいいと思っていた人はショックかもしれません。

ただ、地球環境に配慮したすばらしいコットンでもあります。

自分だけでなく地球のためにもこのような取り組みはどんどんやって欲しいですね。

スポンサードリンク

ファッションの関連記事
  • オーガニックコットン=高品質と誤解していませんか?普通の綿との大きな違いは環境に対する負荷
  • スーツにダウンジャケットを着て通勤はアリ?選び方やマナーも解説
  • ダウンベストはいつから着てOK?着方次第では真冬も乗り切れる
  • レザージャケットを着る気温の目安は?インナー次第では真冬も大活躍
  • カーディガンの春と秋の違いは何?素材やデザインと兼用について解説
  • メチャカリでメンズ向けアイテムはあるの?取り扱いブランドは?
おすすめの記事